読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

afstudio

北海道でのカメラと趣味のブログ

猛禽が居ない

カメラ

本日の休みも天気が悪くあまり撮れ高がよくありませんでした。

それにしても、いつもの隣町の沼地で猛禽をあまり見かけません。氷は溶けてきて少し沼が出てきてるんですが(;´・ω・)

例年と時期がずれているのでしょうか?

そんな沼地と全然関係ない畑地帯にいたこの子が今日唯一の猛禽でした。

f:id:afstudio:20170324222208j:plain

ハイタカオオタカ?の幼鳥だとは思うのですが天気が悪く薄暗かったせいでどっちかいまいちわかりません・・・

エゾモモンガ

カメラ

本日の休みはエゾモモンガの撮影に行こうと決めていたので行ってまいりました。

季節的に昼間でも巣穴から出る機会が多いのでチャンスは多いかと思います。

現地について1時間ほど待機しているとその時はやってきました。

f:id:afstudio:20170314222326j:plain

割と至近距離で撮れるのでシグマ70-200で撮影。(若干のトリミングあり)

f:id:afstudio:20170314222429j:plain

曇り空だったので薄暗い写真となってしまったが及第点でしょうか?

F2.8レンズでしたけど設定の詰めが甘かったですね(;^ω^)

[http://:title]

どこまでが悪者?

カメラ

本日は仕事が休みだったので朝から撮影に出かけてました。

とある河川に着いたときにオレンジのアウターを羽織った数名の男性が居ました。

ハンターだなとすぐにわかったのですが、「こんなところで何を駆除してるんだ?」という疑問がすぐに浮かびました。ちょうどすれ違いざまに土手から1人上がってきたので「何を駆除してるのですか?」と質問。ハンター「キツネだよ。」と・・・

ネットで調べてみましたがキツネは鳥獣保護法に保護の対象となっているが、農業地域においては、農業被害防止対策で農業事業者によって駆除ができるとの事。そんなに農作物を荒らすイメージがないがエキノコックスが問題なのか?

キツネは環境開発の影響か年々姿を見かけずらくなっていると僕は思います。被写体としてキツネを追いかけている者としてはとても残念な現場に遭遇してしまいました。

さすがにキツネも殺気を感じたのか1匹も出会えませんでした。

害獣駆除に至っては人それぞれ思惑があると思いますが、キツネに限らず鹿やタヌキ、イタチなど害獣と言われる野生動物がいますが、彼らの天敵を絶滅に追いやってしまった人間にも問題がありますよね・・・

被写体を鳥に切り替え同じ河川敷で2時間ほど撮影を。発砲音が聞こえなかったのでキツネは1匹も見つからなかったのかな?

f:id:afstudio:20170308140622j:plain

被写体はユキホオジロ(今日初めて出会いました)と先に撮影をしていた小父さんが親切に教えてくれました(*´ω`*)

防湿庫の必要性

カメラ

皆さんはカメラとレンズの保管に防湿庫を使ってますか?

僕はD40時代はドライボックスを使っていたのですが、今では防湿庫を使っています。

防湿庫と言えば、トリー・ハンや東洋リビングあたりが有名ですよね。最近ではIDEXなどやアイポーなど手ごろな防湿庫が出てきてますね。

そんな防湿庫を選ぶ際に何を選んだら良いかわからないと思います。(僕も購入時だいぶ悩みました)。

f:id:afstudio:20170305213716j:plain

今回は簡単に防湿庫の違いをお話しします。

除湿方式の違い

・乾燥剤式

構造:専用の乾燥材を内部に設置し湿気を吸着させて定期的に排出する仕組み。

湿度が安定するまでやや時間がかかる。

耐久年数:半永久的

 

・ペルチェ方式

構造:冷却版に湿気を吸着させて吸湿材から排出する仕組み。湿度が安定する時間が乾燥剤式より早い。

耐久性:10年ぐらい

 

カメラ、レンズをカビから守るという点ではどちらも相違がないと思います。頻繁に出し入れをしたり大きいサイズの防湿庫が必要な方はペルチェ式の方が良いかもしれません。また、光触媒でカビの発生を抑える効果があるものもあるようです。

 

ちなみに僕が使っているのはアイポーの乾燥剤式です。容量は51Lで現在ニコンD40とD500、レンズがニコンの18-55VRにシグマの17-50、70-200、120-400に相方のキャノン70Dとダブルズームキットレンズにタムロンの150-600が入ってぎりぎりの容量です。

設置場所にも寄りますが、現在のカメラ資産より大きめの容量を購入されるほうが良いかと思います。

[http://:title]

 

動物撮影用機材を考える

カメラ

少し前ですが、情熱大陸で写真家の井上浩輝さんが放送されていました。

同じ北海道でキツネの写真を撮られている写真家の方でしたのでもちろん拝見させていただきましたがカメラが気になりナショジオEXIF情報覗いてみたところソニーAPS-Cとミラーレスを使っているようでした。

また、レンズ情報を見ると使っていても200㎜までのようなので超望遠レンズより描写力重視なのでしょうか?

また、2月に札幌で個展を開かれていた同じ北海道の写真家でキツネをメインに撮影されている今泉潤さんはキャノンのカメラを使用している様子。個展で気に入った写真の事をお伺いしたところ70-200 F2.8での撮影だったとの事。

遠くの動物を撮影する際には重宝する超望遠レンズですが、やはりピントが甘くなったりブレにシビアになりますよね・・・

f:id:afstudio:20170305181021j:plain

こちらはシグマの120-400で撮影した写真ですが20mぐらいの距離でしたのでトリミングなしでもこのサイズで解像もそこそこだと思います。

今度は1日70-200をカメラに付けて撮影して比較してみようかと思います。

レンズ選択は難しい

カメラ

f:id:afstudio:20170301175859j:plain

限られた収入の中でレンズを購入していくことは難しいですよね?

メーカー純正のレンズ、サードパーティーのレンズと気になるレンズを上げるとキリがありません。

僕は現在3本のレンズで運用してます。この3本を揃えるにも葛藤がありました・・・

被写体の9割が野生動物、1割が風景なのでどうしても偏ったレンズ選択ですが今のところ満足して運用できてます。

せっかくなので作例を合わせて紹介していきます。

驚くほどの作例ではないので温かくご覧いただけましたら幸いですw

 

・遠距離野生動物用

シグマ APO 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM

f:id:afstudio:20170302224225j:plain

主にキツネや野鳥など近づけない野生動物を撮影するときに使用しています。

絶版レンズなので新品で購入できませんからあまり参考にはならないかと(;^ω^)

以前は同じシグマ製の150-500を使っていたのですがF5-6.3と少しくらいレンズだったので野鳥撮影で森の中ではちょっと使いずらいレンズでしたのでこちらのレンズに・・・APS換算で120-600mmとなるのでそこそこの望遠!

 

・近距離野生動物用

シグマ APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM

f:id:afstudio:20170302225715j:plain

主に公園などで身近な野生動物(悲しい事に公園なので人なれしてる野生動物が多い・・・)を撮影する際に使用。F値が通しで2.8なのでとても使いやすいレンズでコストパフォーマンスも最高!使っている人も多いのではないでしょうか?

最近同じサードパーティータムロンで新型の70-200が発売されましたのでシグマもArtシリーズでリニューアルか!?

 [http://:title]

 

・風景、室内用

シグマ 17-50mm F2.8 EX DC OS HSM

f:id:afstudio:20170302230858j:plain

滅多に撮らない風景と室内での撮影用に購入したレンズ。

APS-C専用設計なのでフルサイズを導入した際には使用できません。また、設計が古いのですがコスパは非常に高いと思います!僕も他のカメラブログでのレビューを読んで購入を決意しました。

広域側で風景を撮影した時に周辺減光が現れますがオススメのレンズだと思います。

[http://:title]

 

以上の3本を撮影シーンに応じて使い分けてますが対して参考にならないですよね(;^_^A

自分がこの3本で揃えた理由にはフィルター径が77mmとNDフィルターやPLフィルターが使いまわし出来るのも理由となっております。

どうかニコン純正が1本もないなど突っ込まないでくださいw

 

カメラ遍歴

カメラ

f:id:afstudio:20170301180545j:plain

僕のデジイチライフは15年前に買ったNikonD40から始まっています。

当時はバイトの商品撮影の為に買ったのがきっかけでレンズもセットレンズしか持っていませんでした。

たまに旅行に行って写真を撮るぐらいで本格的に動物や風景を撮り始めたのは3年ぐらい前からです。

そんなデジイチ遍歴を紹介します。

 

・初代デジイチ

Nikon D40

6.1メガピクセルでCCD搭載の数少ないカメラでした。名機とも言われていたようで確かに映し出される写真は綺麗だなと感じてました。ちなみに今でも防湿庫で大事に保管してます。

・2代目デジイチ

Nikon D5100

もう少し使い勝手の良いカメラが欲しくなって中古で購入。

バリアングルモニターの使い勝手は風景を撮るにはとても良い機能でしたが、如何せん動き回る動物には・・・結局1週間でドナドナする事に。

・3代目デジイチ

Nikon D7100

D5100よりもAF性能が良く動物にも食いついてくれて大変使いやすいカメラでした。

ただ巷でも言われていた通りバッファ不足が・・・1年程カメラの練習に付き合ってくれてドナドナに。

・4代目デジイチ(現在)

Nikon D500

カメラに慣れてくると(大した腕は持っていない)D7100のバッファ不足やISO感度の不足に少しジレンマが。何よりたまに一緒に撮影に行く実兄のCanon 7DMarkⅡの連射速度が耳障り(笑)に感じ思い切って購入。

NikonAPS-Cフラッグシップモデルだけあって大変満足いく性能。

まだまだ使いこなせていないがこれから長い付き合いをしていく予定です。

[http://:title]

Copyright © 2017 afstudio@numa All Rights Reserved.